カーテン屋さんが、カーテンなどインテリアの手作り情報を発信。カーテン用の生地・アクセサリー・縫製資材・縫製キット・ラグマットなどの販売。

シェードの測り方

測り方を学ぼう!

プレーンシェード・シャープシェード・バルーンシェードの測り方

  • 計測数値について
    こちらでご説明するシェード測り方は、制作サイズを求めていただくためのものです。よって設置する方法や場所によって加減する数値は、お客様側で計算してください。

《窓木枠の内部天井面へ取付ける場合》

窓木枠の内部天井面へ取付ける場合の測り方

【W】巾
=枠内側の巾より1cm差し引いた数値
【H】高
=枠内側の高さより1cm差し引いた数値

余裕を見て、巾および高さからそれぞれ1cmマイナスします。
枠の天井面にシェードを取付ける場合、奥行きは10cm程度見て下さい。また小窓などの場合網戸が手前に開くタイプですとシェードは取りつけできませんので、 ご注意下さい。今は横にスライドするプリーツタイプや、ロールアップタイプがあります。

《窓木枠または壁面に取付ける場合》

窓木枠または壁面に取付ける場合の測り方

【W】巾
=枠外側の実寸法またはプラス10cm
【H】高
=窓外側の実寸法またはプラス希望位置まで

巾に関しては枠外寸法実寸でも構いませんし、左右各5cmぐらい出されたほうが光漏れなど防げます。その時の注意点として、壁に置く物がないか確認して決めます。

丈に関しては外枠寸法または希望位置までを指定しますが、私は窓枠下より5cm下げることが多いです。もちろん掃き出し窓の場合は、床までの高さから1cmマイナスすることをお忘れなく。

また、もし窓枠上壁面に取付け用木下地が入っているようでしたら、壁面に取付けをお勧めします。なぜならシェードの場合、一番上までたくし上げても プレーンなら20cmほど、シャープなら35cmほど、バルーンなら50cmほど垂れ下がりますから、上に設置するほど窓の開校面積を大きく確保できるか らです。

《カーテンボックス内天井面に取付ける場合》

カーテンボックス内天井面に取付ける場合の測り方

【W】巾
=ボックス内部の横幅実寸法マイナス1cm
【H】高
=ボックス内部天井面から希望位置までの高さ
=ボックス内部天井面から床までマイナス1cm

巾はカーテンボックス内側の横長さを測り、1cm差し引いた数値を制作サイズとします。

丈は出窓など垂直に降ろした位置に棚面が来る時はその高さより1cm差し引き、床までのときのボックス天井面から床までの高さから1cm差し引きま す。腰高窓の時は窓枠下5cm下がりで良いと思いますが、机などを窓下に持ってくる時は、シェードを降ろした時に当たらないよう高さを調節する必要があり ます。


【 シェードとカーテンを同時に採用した時 】

シェードとカーテンを同時に採用した時の採寸時の注意点

すでにカーテンボックスにカーテンレールが設置されていると想定して採寸時の注意点を述べます。

左図のように、カーテンとシェードでは高さを測る場合の基点が違いますので、ご注意下さい。

カーテンはもちろんランナーリング輪の下からを基点として測るのに対して、シェードはカーテンレール底面を基点として測ります。これはシェードが、レールの底面ぴたりと接して取付けられるからです。
基点をスタートしてどこまでを測るかは、前述のとおりです。

【 カーテンレールを取り外して取付ける時 】

カーテンレールを取り外して取付ける時の注意点

カーテンボックスにすでにカーテンレールが付いている場合で、シェード取付け位置のレールを取外して設置する時は、シェードの高さ計測基点はボックス内部天井面になります。

ただこの時注意しなければならないことは、カーテンレールがそれぞれ独立してカーテンボックスへビス止めされている場合のみ可能ということです。

つまりカーテンレールを固定するビスがレール溝内部から天井面に向けてネジ止めされているケースならOKですが、2本のレールをブラケットと呼ばれ る部品で連結してビスはそのブラケットを通してネジ止めされている時は、レール1本取外してもブラケットが残りますからシェードは段差が生じるため取付け できないのです。

2本のレールがブラケットと呼ばれる部品で連結されている場合は取付けできない

【 こんなことにも注意しよう! 】

こんなことにも注意しよう!

マンションでも一戸建ての住宅でも、意匠的にカーテンボックスの巾を窓サイズにあわせることなく、壁面いっぱいの長さで造作されていることがあります。

このとき窓サイズを考えず、うっかりカーテンボックスの横幅を測ってしまうことがありますので注意しましょうね。もちろん壁面いっぱいにシェードを 作ったとしても何ら製品として支障はありませんが、ただ窓の両サイドにある壁面の位置にテレビやタンスを置いたりすると、シェードを降ろした時にコツン! と当たってしまいます。

家具を購入する時のために壁の巾を測るなら、ちゃんと窓用品のことも考えて、計画されると失敗しませんよ。

もしカーテンレールがついていなければ、シェードの製品サイズは、窓枠外側巾寸法にプラス10cmでOKです 。


【 カーテンレールに直接取付けも可能 】

よく質問されますが、シェードは単体で取付けが可能です。ここで説明する「レールに取付ける方法」は、例えば賃貸マンションで勝手にレールの取外し や新たにビスで壁に穴を開けることができないなど、やむを得ずカーテンレールを利用しなければシェードを楽しむことができないケースです。ご自身のケース の場合どうしたらよいかわからない時は、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。

シェード用ブラケット

白い四角いものが、ブラケットです。グレーのシェードメカ裏面に、写真のような形ではめ込みます。
ブラケットの奥行きは、シェードを取付けた状態で4cmです。窓枠内部に納める時は、最低でも4cmの取付け面があれば可能ということですね。

シェード用カーテンレール取り付け金具セット

カーテンレールにシェードを取付けられる時ご注文の際には、
カーテンレール取付け金具は?◆ 希望しない  希望する (1個63円(税込)×必要数量)
欄にてチェックを入れてお申込みください。

カーテンレールへの施工断面図・概念図

1.カーテンレールの両端キャップを外し、中に入っているランナーすべてを取出す。

2.長方形の座金をカーテンレール底面溝方向に合わせてブラケットを押し当てる。そのままの状態で、ブラケット内部にドライバーを入れてネジを閉めていく。左図のように、座金とブラケットが、カーテンレール底面をはさみ込んでいく仕組みです。

3. ブラケットを取付ける位置は等間隔に配置しますが、その時シェードメカ裏面に付いている白いプラスチック部品に当たらないことを確認してから決定してください。

4.後は説明書どおり、ブラケットのツメにシェード裏面溝を引っかけ、押しつけるようにしてパチンとロックされれば完了です。


カーテンの測り方へ
ロールスクリーン・ブラインドの測り方へ

測り方を学ぼう!のトップへ